マンションの管理会社の変更で起こりうること

分譲でも賃貸でもマンションの管理には管理会社が欠かせません。分譲の場合は、所有者で組織された管理組合が利用する会社を決めて管理業務委託契約を結び、管理費や修繕積立金等の管理や運用、共用部分の清掃手配、常駐の管理人がいる場合はその手配等を行わせています。賃貸の場合は、大家さんがこれらの業務を地震で行う場合もありますが、大抵は大家さんから委託を受けた管理会社が行います。日々のマンション管理を行なっている業者が変更になると、マンションの居住者にも変更をお願いする事項が出てくるため、事前その旨を居住者に伝えられることがほとんどですが、場合によっては変わったという告知のみで済んでしまうこともあります。ともあれ、マンション管理の業務委託先が変わったお知らせを受け取った場合は、念のため変わる前の管理業者や大家さんに確認をとる必要があります。

分譲で管理会社を変えた場合の注意点

分譲の場合は、業者を変更する前に管理組合や総会で管理内容について検討してから業務委託契約を結んでいるので急遽知らされるということは考えにくいです。総会での承認後、管理費や修繕積立金の振込口座の変更や管理人の紹介、ゴミ捨て方法などの管理方法に変わる点があればお知らせがきます。とはいえ、居住者が個別に対応する以前に、管理組合が検討し決定したことについて新しい管理業者からお知らせがくる形になりますので、管理組合や理事会などの議事録をチェックしておくことが必要です。メリットを求めて管理業者を変えたのに、費用が上がったのに管理の質が下がった、などの契約後にこんなはずではなかったとならないためには、委託契約前に検討しておくことが必要ですので、居住者は契約前の状況をきちんと把握しておかなければなりません。

賃貸で管理会社を変えた場合の注意点

賃貸で入居しているところの管理業者が変わることはよくあることです。これは、大家さんが経費削減のために変えたり、大家自身が所有権を別の人に売却して新しいオーナーに変わることがあるためです。入居者に対しては、オーナーが変わった、あるいは管理業者が変わったというお知らせと共に緊急時の連絡先と対応方法、家賃の振込先が変わった場合のお知らせがきます。家賃の振込先が急に変わったことに不安がある場合は、前の管理業者などに連絡をして念のため裏をとると確実です。新しい管理業者は全業者から管理内容や入居者情報を引き継いでい流ので、入居者が新しい管理業者と新たに契約を結ぶ必要は原則ありません。逆に、何か新たに契約を結ぶ必要があると言われた場合は、これまでの賃料よりも高くなっていたり更新料が上がっていたりといった入居者にとって不利な内容ではないかを確認する必要があります。不利な内容であっても、新たに契約してしまった場合は有効なものとなってしまうためです。

創業当時から、お客様の満足度の高いサービスを追求してきており、納得のいくサービス概要を設けて、地域に根ざしたサービスにも取り組んでおります。 緊急事態に対応できるように、最適な設備を提案。 当社の強みは、お住まいや住空間、施設などが安心した生活と快適に利用するためのサポートが出来る事です。 お得な会員サービス!家事代行等の信頼できる専門会社のお取次ぎ等各種無料電話相談を承ります。 マンション管理会社の変更もお気軽にご相談ください。