マンションの管理会社の変更で気になるポイント

マンションの管理会社を変更する場合、まず気になる点はコストカットができるかどうかです。見直しの大きな原因は経費の削減であることが多いため、管理サービスを変える場合にはどの程度毎月の管理費が安くなるかがポイントとなるでしょう。ですが、もちろん安くなれば良いというものではありません。サービスの品質も問題となります。品質をチェックするポイントとしてはスタッフの資格取得率や口コミなどを参考にすることが多くなるでしょう。口コミ情報はインターネットでも取得できるため、積極的にポータルサイトなどを見る癖をつけておくことが大切です。地域によっても人気の高い管理サービスは異なってくるため、複数の会社を候補に挙げておくと良いでしょう。管理品質は会社によって大きく異なってくるからです。

見直しを行う前に確認をしておこう

まず、現在のマンション管理会社の契約更新がいつになっているのか、調べておかなければなりません。会社によっては更新時期以外の解約が難しいこともあり、契約更新時期の変更がスムーズなやり方となるからです。ですが管理費が高すぎるなどの問題がある場合には、早めにサービスを変えた方がお得になるケースもありますので状況によって判断するようにしましょう。マンションに住んでいる人の生活に関わる重要な要素にもなりますので、慎重に検討することが必要です。それぞれの管理サービスには強みがありますので、ホームページを確認するなどして条件に合うサービスを探すようにしましょう。基本的には業務内容はほぼ同じですが、会社ごとにスピードや報告の頻度なども変わってくることになります。

まずは営業とコンタクトを取りましょう

マンション管理会社の変更を行う際には、一括見積もりなどのサービスを利用してある程度候補を絞ることも必要になってきます。ですがその後に直接営業の担当とコンタクトを取り、印象の良い会社であるかを確認することも大切です。親身になって対応してくれる会社であれば、コストの見直しやぴったりのプランなども案内してくれるでしょう。どのような管理体制を望んでいるかにもよりますので、自分の住んでいるところに合ったサービスを受けるように考えていかなければなりません。オーナーだけでなく、分譲の集合住宅であれば管理組合が決定することになりますので自分達に有利な管理サービスを探すようにしましょう。いろいろな会社があるため、複数の会社と話をしていくことが大事なポイントです。